新卒採用情報

教育体制

TOP > 新卒採用情報 > 教育体制 > 教育体制

教育体制

教育体制

入社員のみなさんを1人前のビジネスパーソンとして育成するための教育研修体制を紹介します。

 
入社後、まずは社会人としてのマナーを学ぶ研修を受講していただきます。名刺交換や会議室・移動時などの席次から、 ビジネスマナーならびに言葉遣い、服装に関することまで、ビジネスパーソンとして重要な基礎を身に付けます。 最初は難しいと感じるかもしれませんが、すべての社会人が、社会に出て一から学び、誰もが使いこなせるようになる常識的な内容ですので、 慌てずひとつひとつ丁寧に習得しましょう。

社会人としてのマナーを学んだ後は、プロコミットが大切にしている価値観や考え方について研修を行います。 同じ方向をめざして日々行動を共にする上で、業務にあたる指針となる価値観を学ぶ場となります。

それらの研修を終えると、実務研修がはじまります。先輩社員の企業訪問に同行し、先輩社員が経営者の方からどのように経営課題を聞き出し、どのような解決策を提案しているのか、お手伝いの方向性をどのように示すのか、現場で実際に経験しながら学んでいただきます。また、許可をいただいた個人の方に限りますが、転職相談面談に同席していただくこともあります。

このように実際の業務を通じたOJTにより、日々の仕事がどのように行われ、それらがどのタイミングで何の業務につながっていくのか、仕事全体の理解を深めていきます。 それと並行して、実際の業務と同じシチュエーションでロールプレイを行い、先輩社員からフィードバックを受け、担当顧客を持つ日に向けたトレーニングを重ねていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加